好き、だから好き。

Sexy Zoneが好きです

しょりマリ

5年前にドイツから日本に天使がやってきた。名前はマリウスシュミッヒ葉成龍ユリウス。それはそれは本当に天使のようにかわいくて、ジュニア時代はKis-My-Ft2の藤ヶ谷くんや、その後一緒のグループになる中島健人くんから寵愛を受けます(健人くんからの寵愛は同じグループになってなくなりますが)。
そんなマリウスくんが日本のジャニーズ事務所に入所するちょっと前、同じくジャニーズ事務所に入所した少年が。後に顔面人間国宝と謳われ、マリウスくんと同じグループSexy Zoneのセンターとしてデビューする佐藤勝利くんです。
これはそんな二人の話。


と、軽く物語っぽく書いたが、今回は佐藤勝利くんとマリウス葉くん、通称しょりマリについて書こうと思う。いや、他にも書きたい案件があったのだが(ふまけんとかふまけんとか、、)、ちょっと頻度が多いなと思い、しょりマリに白羽の矢を立てた。
と言っても、私はしょりマリが大好きだ。雑誌にしょりマリ案件があり、書くなら今だ!と思い立った。結成5年経っても、相変わらずな勝利くんとマリちゃんの関係を語りたい。(そして写真をアップすることを覚えたのでかわいい二人をぜひどうぞ♪)

f:id:rui104:20161028161332j:plain

前の記事にも書いたが、勝利くんは4人兄弟の末っ子。一番上とは9つ、一番近いお兄ちゃんとも5つ離れており、それはそれはかわいがられて育てられてきた(多分、いや絶対)。
というわけで、勝利くんは根っからの末っ子気質、というか事実末っ子なのだからそうなるのは当たり前。
デビュー当時ふまけん、ちびーずという風に年上組と年下組で分けて呼ばれ(今もだが)、ジュニア歴も浅いちびーず3人は、ふまけんお兄ちゃんに頼り甘えていた。当時、健人くん勝利くんはけんしょり蜜月期と称され、勝利くんが健人くんと同じベッドで寝たり、電話したり、メールしたりとまさに蜜月のような日々を過ごしていたそうな。

そんなザ・かわいい弟な勝利くんに変化があった。それが、Sexy Zoneの末っ子、マリウス葉くん、通称マリちゃんの存在。Sexy Zoneでは勝利くんは年齢、入所歴的にも真ん中に当たる。その下に一学年下の聡ちゃんと四学年下のマリちゃんがいる(マリちゃんの場合、ドイツ学校に通っていたので四学年という表記は正しくないかもしれないがとりあえず)。Sexy Zone結成時マリちゃんは11歳の小学生。勝利くんは14歳(デビュー時は15歳)の中学三年生。聡ちゃんに対しては、一学年しか変わらないためかお互いライバル心があったと言うが、勝利くんとマリちゃんとは四学年もの差があり、デビュー当時はマリちゃんより勝利くんの方が身長が高かった。また、マリちゃんはドイツから日本へ引っ越したばかりであり、日本語が苦手でうまくしゃべれなかった
。そんなマリちゃんに対して勝利くんに必然的に芽生えたのがお兄ちゃん心なのである。

まあこの辺は私もまだファンになっていなかったので、ネットで当時の情報を知るだけなのだか、当時のマリちゃんについて勝利くんは妖精やら不思議やら大きな赤ちゃんなどと発言している。
マリちゃんからすると、慣れない日本、慣れない日本語で生活をするだけでも大変なのに、芸能界という荒波たっぷりな世界へデビューすることとなり、なんと大変なことだっただろう。日本語が理解できず、自分の言いたいことをうまく伝えられない、メンバーともうまくコミュニケーションが取れずいじけるマリちゃん。確かに文化の違いやコミュニケーションがうまく取れないことで、変わった子だという印象は誰にでも多少なりともあると思う。しかし、変わった子だけど素直で明るく人懐っこいマリちゃん、だから嫌いとか苦手には繋がらないのだ。
そして天使な見た目とは裏腹に、実際のマリちゃんは普通のやんちゃな男の子である。聡マリでよく喧嘩をしており(聡ちゃん3つ年下の子に本気で喧嘩(涙))、多分その辺からただのかわいい天使ではないことに気付いた健人くんの寵愛がなくなった(笑)。(寵愛はなくなったが、ちゃんとグループの末っ子としてかわいがっている。)
普通のやんちゃな男の子だからこそまた親近感が湧き、マリちゃんへお兄ちゃんとしての感覚が大きくなる勝利くん。だがしかし!勝利くんは根っからの末っ子なので、弟のかわいがり方が分からない。

f:id:rui104:20161028155441j:plain

「マリウスにいじわるするのが楽しい。」
勝利くんの言葉。ちょっかいを出して、その後見るマリちゃんの反応がかわいかったのだろう。小学生の恋心か!好きだけどどう接していいか分からない勝利くんがかわいすぎるではないか。
当時の写真を見るとマリちゃんのお顔むにゅーってしたり、後ろから抱きついているがなんだかマリちゃん苦しそう(もしくは嫌がっている笑?)なのをよく見る。
そんな一方的な愛情表現のせいか?マリちゃん勝利くんに対して若干冷たい←。
勝利くんがマリちゃんの誕生日に欲しがっていた香水をプレゼントしたのにマリちゃんからのお返しはなく、勝利くんと1ヶ月しか変わらない聡ちゃんの誕生日にマリちゃんが香水をプレゼントしたというのは有名なエピソードである。がんばれ!勝利くん!!

そんな中、勝利くんがマリちゃんを椅子に座って抱っこしている写真がある。私は最初見たときはかなりの衝撃を受けた!ふまけんがちびーずを膝の上に座らせるのはいいとしても、勝利くん(小さい子)が、マリちゃん(小さい子)を抱っこするなんて!!!そしてちゃんと?手を前に回してマリちゃんをしっかりホールド!!涙涙この時はマリちゃんもうれしそうな顔を見せている。
( ☆u∂ )「マリ~、おいで~。」とか言ったのだろうか?想像するだけでなんと尊いのだろう。涙涙涙
そしてマリちゃんも抱っこされるだけあって、ちゃんと勝利くんのことが好きなのだ。

f:id:rui104:20161028111906j:plain



そして2016年。二人は大きく成長した。
3:2体制を経て、勝利くんはSexy Zoneのセンターとしてグループ全体を見てまとめられるようになり、メンバーからの信頼も熱い。マリちゃんもジュニアと共に活動をして精神的に強くなり、メンバーに頼りっぱなしだった以前に比べ自立できた。マリちゃんの身長も伸び180cm(多分もっとあるだろうが、本人が拒否している)、グループ1番の長身へ。


そんな二人の関係はというと、、変わってない。むしろ私が自分の目で見ている分、勝利くんの片想い感が溢れているように思える(涙)。


レモンの雑誌の対談では、「マリウスが小さいジュニアに声をかけるのを見るとビックリするよ。オレにとっては小さいマリウスなのに。」と勝利くんが語っている。これにはセクガルがビックリするよである。身長差10cmあるのに、Sexy Zoneでふまけん抜いて一番大きいのに、勝利くんにとってマリちゃんはいつまでも小さいマリウスのままなのだ。涙涙涙
でもこれって、勝利くんがマリちゃんの外見ではなく中身を見ているということ。男の子は身長を気にすると勝手に思っていたが、さすが顔面人間国宝の勝利くんともなると、外見(身長)なんて気にしないのだろう。外見ではなく中身を見てくれる、中身を大切にしてくれるところはさすが勝利くんだなと感じる。

勝利くんはマリちゃんのことをいじるけど、最後はちゃんとフォローする。Sexy Zone4人でマリちゃんのこといじっていても、最後はマリちゃん側に回る勝利くん。「マリもういいよ。」「でもマリは○○だからね。」など、こっそり言う(こっそりだけどマイク通すからばれている)。
またラジオなどでもマリちゃんをいじるけど、「漢字よく読めたね」「日本の事よく知ってるね」とマリちゃんをさりげなく誉める勝利くん。
勝利くんのマリちゃんへの愛は昔から変わってない。いや、むしろ昔よりデレ成分が多くなっている。


聡マリサマパラ公演では、見学に来ている勝利くんをマリちゃんがいち早く紹介し、聡ちゃんが勝利くんへ質問を。
聡ちゃん「なんで勝利はそんなにツンデレなの?」
勝利くん「オレはマリウスとしゃべりたい。」
と早速聡ちゃんへのツンを発揮する勝利くん。しょりそうでわちゃわちゃやっていたから、マリちゃん寂しくなったのかな?一応勝利くんはマリちゃんとしゃべりたいと言ってくれているのにも関わらず、
マリ「佐藤勝利くんでした~。」
と強制終了。爆爆
勝利くん「(マリウスはオレに)ツンしかない!」
これぞSexy Zoneちびーずのラヴ トライアングル~♪(KQJより)←違う

12thシングル「よびすて」初回限定盤B特典映像のSexyエプロン料理対決では、健人くんとマリちゃんが料理対決を行った際、お題のBean curd szechwan style(麻婆豆腐)に対して、きちんと麻婆豆腐を作り、先生からもおいしかったと言われる健人くんを差し置いて、豚の味噌焼きを作ったマリちゃんに1票を入れた勝利くん。味噌が大豆(Bean)からできていたのを知っていたことが日本をよく知っているとマリちゃんを褒める勝利くん。え!?まさかそれでマリちゃんに1票を入れたのだろうか??震(激甘)
勝利くんと健人くんの決勝戦、おにぎりのお題では、辛子明太子を具に選ぶが、辛い物が苦手なマリちゃんのためにマリちゃんの分だけおにぎりの具をソーセージにする勝利くん。マリちゃんはドイツ出身だからソーセージにしたという意味もあるとのこと。その優しさに1000セクシー!!
これにはマリちゃんもうれしかったようで、勝利くんに1票を入れている。よかったね!勝利くん!ちゃんとマリちゃんへ伝わったよ!!涙涙。


そして!Myojo12月号の2ショットトークが今回の記事を書く決め手となった。
私知らなかったのだが、勝利くんの家にマリちゃんが遊びに行っていたということ。聡ちゃんが勝利くんの家に遊びに行きたいと言っても頑固として拒否していたから、Sexy Zoneメンバーを家に上げたことがないと思っていた。しかしマリちゃんは家に上げたのか!!聡ちゃんが行けないのではメンバーは誰も行けないなと思っていたので、かなり驚いた。(私が知らないので多分デビュー2年半くらいまでの出来事だと思うが、詳細を知っている方がいらっしゃいましたらぜひ教えて下さい笑。)

そして、ここからが重大なのである!勝利くんがマリちゃんへ向けて、
「マリウスのことは、心の底から愛してるよ♡ 」
と言ったのだ!

心の、底から、愛してる!?

そんなこと恋人でも中々言わないのではないか!?ただの愛してるではなく、心の底からなんて中々聞けない!!
しかし当の本人マリちゃんは「う~ん、うれしいです。」とケーキに夢中になり、棒読みで返事をされる勝利くん。必死な想い?の勝利くんの告白はあっさりケーキに負けてしまった。(しかも勝利くん用のバースデーケーキ爆。)
その後「勝利くんのこと尊敬している!」とマリちゃんが言うも「、、ウソだね。」と、勝利くんはマリちゃんの発言が信じられない様子。しかし「歌詞とかすごく上手だし、すごく深い!」とマリちゃんが続けると「うれしいね~。」と、勝利くん。え!?今のでご機嫌になったの?勝利くんあまりに良いように転がされすぎではないか!?
さらに、「今度(勝利くんと)遊ぶ時はショッピングに行きたい!」と言うマリちゃんだが、「勝利くんに免許とって欲しくて、それで大型スーパー行きたい(つまり早く免許取って車で連れてって)」「めっちゃ買うよ!全部払ってもらう♪」と、全くもってぶれない発言のマリちゃん。
それに対しての勝利くんの返事が、
「それたぶん俺、荷物係だよね?」「まあ、払うのはいいけどね、、。」
い、いいの?いいの!?勝利くん!?それってつまり体のいい、、い、言えない!!勝利くんがかわいそすぎてそんなこと私には言えない!!←しかし本人が言ってる。
そこまでしてマリちゃんに振り向いてほしいのか、ただ単にマリちゃんのことがかわいくて、つい言うことを聞いてしまうだけなのか。マリちゃんに激甘な勝利くんに対して、ただただ涙するしかない。


この2ショットトークにしょりマリの関係性が全て詰まっていると言えよう。
本当にこの二人の何が好きかって、Sexy Zoneのセンター、顔面人間国宝と謳われる佐藤勝利くんを、ここまで雑に扱えるのってマリちゃんくらいであること。マリちゃんサイドからすれば、けして雑ではないのは分かる!雑ではないのだけど、、。なんだか勝利くんの片想い感が半端なくて、思わず勝利くんの恋を応援したくなるほどである。一応フォローしておくが、マリちゃんもちゃんと勝利くんのことを好きだし尊敬している。マリちゃんは勝利くんを初めて見たときからセンターに立つ子だなと思ったと言っている(上から目線笑)。ただ、なんだか二人の比重が、、。涙

しかしマリちゃんのような存在は本当に貴重だと思う。ふまけんは勝利くんのことを頼りになるメンバーとして見ているし、聡ちゃんは勝利くんのこと大好きで、勝利くんがかっこよすぎて顔を見れないとか言ってしまうくらいだ。仲の良いジュニアのキンプリ辺りは友達のような感覚。先輩からはかわいがられ、後輩からは尊敬される立場の勝利くんである。その勝利くんがここまで振り回されるのはきっとマリちゃんだけだ。マリちゃんが相手だからこそ、こんなかわいい勝利くんが見れるのだ。
これこそ、しょりマリ!ツンデレ勝利くんと、勝利くんに対してツンしかないマリちゃん(デレもあるけど本当にデレかと疑ってしまうようなデレ)である。


マリちゃんワールドにぐるぐる振り回されて疲れてしまう勝利くんだけど、最後は絶対マリちゃんの味方になるんだろうな。
それはいつまで経っても、勝利くんの中でマリちゃんは「小さいマリウス」だから。

f:id:rui104:20161028134345j:plain