好き、だから好き。

Sexy Zoneが好きです

STAGE Tour

久しぶりにはてなブログを書く。書きたいなと思ってはいたが、書くとなると時間がかかるため、なかなか一歩を踏み出せずにいた。

そんな中、Sexy Zone Sexy Tour 2017~STAGE へ行ってきた。こんなに楽しいと思えるSexy Zoneのコンサートは初めてだった。今までもコンサートは楽しかった。しかし、今までとは全く違う、Sexy Zoneのコンサートがそこにはあった。この気持ちを簡単過ぎるほど簡単にではあるが書き留めておきたいと思い、はてなブログを久しぶりに開いた。ちなみにネタバレを書けるほど記憶力はよくないので、ネタバレが心配な方も安心して読んでいただければと思う。


私が初めて行ったSexy Zoneのコンサートは2014年のSexy Secondコンサート。初めてコンサートを見た感想は、こんな盛り上がらないコンサートがあるんだってことだった。それまでの私は嵐担であり、嵐のコンサートしか知らず、コンサートは嵐とファンとで作るもの。一緒に踊り、C&Rをし、一緒に楽しむもので、世界でこんなに楽しい時間があるのだろうかという感覚があった。しかし、セクセカコンはファンの一体感が全くない、盛り上がりもない。歓声もバラバラ。なんだこのコンサートは?という感覚だった。その後私は、担当を筆頭に、メンバーや、ジュニアにファンサを求めることを覚え、またファンサがもらえなさそうなときは担当やお気に入りだけを追い、こういうコンサートも楽しいなと思っていた。だがやはり、ファンサをもらえなければかなりのショックと怒りが芽生え、コンサートってこんな悲しいものだっけ?と思う時期もあった。

今回のSTAGEコン、始まる前はアリーナが多いから外周がない、花道がないなどと噂があり、ステージ構成最悪、Sexy Zoneにはまだ早い構成だ、、などという話を聞いた。そしてやはり開場したらその通りのステージ構成であり、グッズ列に並びながら私はまじ終わった、、などと友達とLINEでやりとりをしていた。


そしてコンサート開演。しかし、いざコンサートが始まると、どうだろう!!アリーナが全て埋まっているとか花道がないとか外周がないとかそんなのどうでもよくなった。選曲や構成がとてもよく、とてもおもしろい。ファンが求めているSexy Zoneがそこにはあった。センターステージで5人で歌って踊るSexy Zoneに心引かれ、いつもは防振で担当をガン見する私が防振を下ろし、5人を見たい、一緒に踊って楽しみたい!そう思えるコンサートだった。こんなにコンサート自体が楽しいと思えたのは、それこそ嵐以来ではないだろうか。ファンもSexy Zoneコールや歓声がとても大きくて、私も安心して歓声を送ることができた。コンサートはSexy Zoneとファンとで作るもの、そう思えるコンサートだった。

そしてMCも大きく変わり、何よりふまけんが仲良くしゃべっている姿に感動した。演出でもふまけんが一緒にカメラに映る、背中合わせになるだけで大きな歓声がくるのだ。私はずるい!!としか思えなかった。今まで散々ファンをヤキモキさせといて、いきなりそんなラブラブ全開(語弊あり)で、現れるなんて、確信犯もいいところ!!そしてあっさりそれに釣られてしまうセクガル(自分含む)。ふまけんが仲良くしてるからこそ下の3人もとても楽しそうであり、5人の仲のいい、そしてとてもおもしろいMCが聴けたことに感動した。


ステージ上で5人だからこその楽しそうな姿、この風景が見たかったんだ、ずっと。私はそう思った。


もちろんまだできてないなと思う部分もあった。発売前の新曲を一緒に歌うのはさすがに難しい、、など。でもそれが発売後、みんな曲を聞き込んで、最後にはどんな合唱ができるかも楽しみである。


ツアーは始まったばかり。そしてSexy Zoneも今新たに始まったばかりだと思う。これからの一つずつのSTAGEを、Sexy Zoneの成長を思うとわくわくが止まらない。