好き、だから好き。

Sexy Zoneが好きです

しょりそう

ふまけんブームが来ている中、私の中で安定も安定、永遠の思春期コンビしょりそう。Sexy Zone佐藤勝利くんと松島聡くんコンビである。
とりあえずふまけんについて語れたら満足、、と思っていたのだが、昨夜のらじらーにてしょりそうコンビがかわいすぎてまたもや記事を書くことに汗。こんなのざらにあります、Sexy Zone。本当に恐ろしい沼ですね。


さて、しょりそうなのだが、私がSexy Zone担になったときにはすでに「勝利」「聡」と呼びあっていて、聡ちゃんの「勝利くん」から「勝利」へよびすて(10月19日シングル発売!)する瞬間を逃していた。Sexy Zoneを勉強する中で、レモンの雑誌の力を借りて聡ちゃんが勝利くんをよびすてにできたことはセクガルの中でも有名な話である。
大まかに説明すれば一学年違い、入所数ヵ月違い先輩の勝利くんのことを聡ちゃんは敬語で話し勝利くんと呼んでいた。しかし、ファンの子よりデビューして同じグループで敬語やくんづけはどうかと意見を受け、敬語で話すのは早い段階で突破していたが、勝利「くん」はなかなか外せなかったのである。しかし、聡ちゃんは少しずつ、本人のいないところでしれっと「勝利」と呼ぶようになっていった。が、本人を目の前にすると呼べないという腰抜けっぷりがかわいい。そんな時、レモンの雑誌の対談にて、ついに!よびすてが解禁されたのである!!

年や入所日も近く、お互いが意識しすぎてもう一歩踏み込めなかった二人。甘酸っぱい、まさに思春期真っ只中!!私がSexy Zone担になったときは「勝利」「聡」とは呼び合っており、仲がいいと思っていたが、今思うとまだどことなく遠慮があった。


しかしそのように少しずつ距離を深めていた二人であったが、そう、先の記事にも書いたSexy Zone3:2体勢となり、別々の活動を余儀なくされてしまう。勝利くんは健人くん、風磨くんとSexy Zoneとして、聡ちゃんマリちゃんはジュニアとそれぞれユニットを組み活動を始める。その中で、一番Sexy Zone5人での活動をオープンに望んで表してくれたのが勝利くんだった。
勝利くんソロコンサートにて次の日から始まるガムシャラ夏祭りの宣伝をするとき、「うちのメンバーの松島、マリウスが出演します!」って言ってくれた勝利くん。その時聡マリはグループから外されたとも噂があったがそれを払拭してくれた。見学に来てくれた健人くん、聡ちゃん、マリちゃんをステージで紹介したとき、「やっとSexy Zoneが揃いました!!」と言ってくれた勝利くん。勝利くんは聡マリちゃんがいる5人のSexy Zoneをすごくすごく望んでいた。

3人となって勝利くんはSexy Zoneを守るためセンターとしてがんばっていたが、とてもプレッシャーがあったのではないか。もちろんプレッシャーはSexy Zoneを守らなければとふまけんの二人も感じていたと思う。その中で、先輩二人に挟まれて、MCでは暴走する二人の先輩を止めたり勝利くんは自分がしっかりしなきゃとか、ふまけん不仲説が出たとき(真偽の程は分からないが、少なからずあったように感じる)も間に入ってうまく取り持たなければと思ったのではないか。いたずら好きな男の子なイメージが強かった勝利くん、きゅひひといたずらっ子のように笑う勝利くん、それをあまり見なくなった。笑っているが、無邪気に笑う勝利くんを見ることが少なくなったように感じた時期である。そんな時勝利くんがジュニアの仲のいい子達と仲良く楽しそうにしている姿を見てなぜか悲しくなった。あんな顔Sexy Zoneの中ではあまり見せてくれないなあ、、と感じて。


そんな中で3:2体制となった後も時々勝利くんと聡ちゃんがご飯に行った、ライヴに行ったなどのエピソードがあったり、マリちゃんのおうちへ遊びに行ったりとうれしい話を聴くことがあり、ちびーずの繋がりを感じた。セクチャンでは5人での放送が続いており、聡ちゃんの天然な部分に勝利くんがお腹をかかえて笑い転げている姿がとても印象的だった。勝利くんのツボは聡ちゃんなんだなと感じた。


そして5人体制復活へ。勝利くんのソロ曲Last winter's nightを聴くように、本当に5人へ戻ってよかったと誰よりも勝利くんが思っているんじゃないかなと感じる。サビの歌詞にある「真冬の雪模様」の「ま」は松島、マリウスの「ま」である。二人の名前に繋がる文字を入れたかったと勝利くんは語っている。

そして徐々にしょりそうの仲が深くなる。それは少しずつ、5人に戻る前から感じていたかもしれないが、さらに感じるようになった。やはり上二人ふまけんとは同じグループ、仲が良いとは言っても、勝利くんにとっては大先輩であるし、真面目な勝利くんが先輩と友達のように接するわけにはいかない。その中で、勝利くんにとって聡ちゃんは同じグループで、同じ年代、心から打ち解け合えるメンバーなのではないか(ちなみにマリちゃんはグループ一背が高いのにいつまで経ってもかわいい弟である)。ジュニアといる時見せていた笑顔を、聡ちゃんといる時に勝利くんは見せるようになった。
二人のやりとりはおもしろい。歌番組では二人でこっそり足を踏みあい、ラジオでは何言ってるか分からないくらいテンションが高くなる。勝利くんは聡ちゃんをいじり、聡ちゃんもそれを喜んで受け取っている。


ここまで書くと完全に勝利くん目線になっているのだが、私が一番変わったのが勝利くんだと思うからだ。昔のインタビューを読んでこれは聡ちゃんもなのだが、お互い意識して話せない、どう絡んだらいいか分からない、勝利くんは自分でも警戒心が強いからとも言っている。私はジュニアといる姿をSexy Zoneでは見せてくれないことがすごく気になっていた。それを今、聡ちゃんに対して、その姿を見せてくれるようになり、聡ちゃん自身も勝利くんがいじったり、つっこんでくれるようになったと喜んでいる。聡ちゃんも上に言えないことを勝利くんには言えたり。そんな現在だが、聡ちゃんはいまだに勝利くんをまっすぐ見れないらしい。理由は勝利くんがかっこいいから爆。


勝利くんが映画「ハルチカ」クランクアップ日の夜、話を聴いて欲しくて聡ちゃんに電話をしたのに出てくれなくてふて寝した話。クランクアップ時、涙を流しながらあいさつをする勝利くんを見ると、なぜ電話に出てあげなかったんだ!聡ちゃん!!涙と、実はヘビーな勝利くんの愛、実はライトな聡ちゃんの愛、二人の関係性が見えてくる笑。



勝利くんが前に言っていた、現在進行形、"ING"の関係の二人がこれからさらにどう進行していくか、楽しみでならない。





注:あくまで健人担である、私が感じたものです。勝利くんや聡ちゃんはそんなこと思ってない!と思うところもあると思いますが、一個人が感じた物として捉えて頂ければ幸いです。