好き、だから好き。

Sexy Zoneが好きです

ふまけんが熱い

ふまけんブームが来ている。いや、ブームなんて十の昔からきているのは重々承知であるが、ここに来て、私の中でふまけんが熱いのだ。なぜ、今、ふまけんなのか、それを自分なりに整理するためにこの文章を書いてみようと思う。


そもそも私がふまけんを認識したのは2014年1月頃だった。それまでの私は2007年頃から嵐にはまり、アラシックとして活動していた。そんなある日、友達と行ったカラオケでSexy Summerに雪が降るのPVを見て、ピアノを弾く中島健人くんに一目惚れ、Sexy Zoneというグループが気になり始、5月にあったセクセカコンに行き、掛け持ちを覚悟、、したのにも関わらず、その後物凄いスピードで結果Sexy Zoneへ担降りしてしまう。それまでの私のジャニーズ歴と言えば嵐から始まり、嵐しか知らない、ジャニーズあるあるな嵐担だった。ジャニーズは中学、高校くらいにクラスで流行っているから知っている程度で、NEWSくらいまでなら分かるけど、JUMPはアウト!Sexy Zoneも5人いるのは知っているけど、全員の名前は言えないレベルであった。何が言いたいかというと、ジュニア時代のふまけんを知らないのだ。ジュニアと言えばふまけん!!シンメと言えばふまけん!!そんな時代を知らずに過ごし、そしてSexy Zone中島健人くん担へ落ちていく。

Sexy Zoneにはまってからは毎日毎日が楽しくて、こんな楽しい日があるのだろうかというくらい幸せな日々を過ごしていた。辛い仕事を終えて家へ帰りYouTube、デイリーモーションを漁る、、なんせ嵐の時は初コンサートが10周年のとき、その前からお茶の間ファンだったとはいえ約10周年分の学習が必要だったのに対し、Sexy Zoneは約2年。振り返りもしやすいし、SNSも発達しまくっている時代。CD、DVDだって集めやすい。なんてすばらしい環境!!CDだって初回版がまだたくさん残っている!
名前すら危うかった私だったが、気付いた時にはセクゾメンバーはもちろん、周囲のジュニアまで手を広げるて見るようになっていた。
そんな幸せな日々がずっと続くと思っていた、、あの日まで、、


2014年7月、新曲リリースイベントが開催、担当になってから始めてのイベント、大好きな大好きな健人くん、Sexy Zoneに会える!!!!そんな期待を込めて行ったイベント。大好きな健人くんに会えたーー!!!と、そこまではよかったが、いきなりの3人体制の発表。、、、え??聡マリちゃんはいないの、、???そりゃファン歴2ヶ月弱の私でもパニックになりどういうことかさっぱり飲み込めず、次の日の心ないWSで涙を流すくらいなんだから、前々からのファンの人達はどんなにショックだったんだろうと、今でも胸が痛む。


そこから、セクゾは3:2で活動をするようになった。そんな中、セクガルがすがる思いで見ていたのが、Sexy Zone CHANNELS、略してセクチャン。活動がばらばらになったときでも5人を突き通してくれた神番組。プロデューサーの和田さんに足を向けては眠れません涙

3:2体勢前からセクチャンにはお世話をなっていて、私がSexy Zoneへ一直線へ転がったのもセクチャンがあったからと言っても過言ではない。前述した通り、私はSexy Zone5人をよくよく知らなかった。コンサート迄に名前は覚えたけど、個人個人の性格などはさっぱりである。ちなみに初コンサートの時、どうしても風磨くんのうちわを友達に持たせたかったのに、聡ちゃんのうちわを持つと言って聞かない友達になんで松島くんなの!?!?分からない!!と言っていたことがある。ちなみにその子はNEWS担であり、まっすーを好きだと言ってくれるから聡ちゃんのうちわを持ちたいというあっさりとした理由であった。今なら分かる、かわいいかわいい聡ちゃんはSexy Zoneの太陽であり、そしてその友達も踏ん張ってはいたが夏にはれきっとした松島担になっていた。
その5人のかわいさ、おもしろさ、かっこよさを引き出してくれたのがセクチャンであり、セクチャンがあったからこそ私はSexy Zone5人が大好きになっていた。

はまればどんどん沼にはまっていく。3:2だろうと構わない!セクチャンでかわいい5人が見れるんだもの♡そんな中で芽生えたのが、コンビ愛。健人くんが担当のため、基本は健人くんを中心に成り立っていくが、けんそう、けんしょり、けんマリ、ふまマリ、ふまそう、しょりそう、しょりマリ、そうマリ、、辺りを中心に萌えを広がらせて行く私。しかし、あれ??お気付きであろうか、長々と前説にかかっているが、本題のふまけん!ふまけんが入っていないのである!!!


セクゾ担になってからよくよく聞くふまけん、、しかしなぜか萌え要素が一向に私に来ないのである。そもそも私は元嵐担、グループ仲が良いというのは当たり前という考えであった。その考えの中、一向に絡まないふまけん。まあ確かに同じポーズをとっていたりなどちょこちょこはかするんだけど、仲が良いかと言われるとうーん??どうなんだろう??前述したように、ジュニア時代を知らないため、二人の関係がよく分からない。私が見たふまけんといえば、グループの中で年上の2人、背が高い2人、お兄ちゃん的存在な2人。。そんな気持ちで見ていた。2人個別に見ればお兄ちゃんとして下の子達をかわいがっており、兄×弟が大好きな私は本当にかわいいとしか言えない気持ちであった。特に風磨くんのお兄ちゃんは群を抜いていたように思う。ちょっとしたところで風磨くんの優しさが出てくる。あんなに尖っているように見える風磨くんだが、人情味が熱い、人前だと冷たいのに2人になると優しいとかなんだそれ、まじ反則じゃないですか涙。特にマリちゃんとの絡みが大好きで、、と、話が反れました。すみません笑。
そんな中健人くんは仕事も忙しかったせいか、風磨くんに感じるよりはお兄ちゃん感は少なかったなぁ、、しかし、もちろん自担なので、過去エピや、ちょいちょい出てくるちびーずとの絡みで萌えを発動させていた。しかしそうするとやっぱり下に手が掛かるせいか、上同士の絡みが、、ない、、のですよ、、


そんなあるとき「ビジネスシンメ」という言葉を知った。名の通り、仕事上の関係。仕事はしっかり二人でこなすが、それ以外は絡まない。ジャニーズで上の先輩にもそういう人達はいると、、そうか、ふまけんはビジネスシンメなのか、、。でもやはり元嵐担としては全員仲良しが理想なんだけどなあ、、寂しくそんなことを考えつつ、そういう世界もあるんだなと少しずつ納得していた。


そんな時、ある日健人くんが呼び始めました。「菊池」呼び。
え!?何ですか?「菊池??」え!?この前まで「風磨」って呼んでたじゃん??え!?

20歳を迎え、大人になったから風磨から菊池呼びにしますってなんじゃそりゃ~!!!!なんかもう、私の欲してる物とどんどん離れていっちゃう訳なんですよ!!ふまけんは!はぁーー、、、うん、、でもそうだね、、仕方ないかな、、。


そんな時、セクパワコンで見たBAD BOYSのふまけん背中合わせのシーン。会場が揺れたよね、、その時あぁ、これがふまけんかっ!て思った!!健人くんも熱い物を感じたって後日言っている。そんなふまけんに納得しつつ、しかしその時の私は3:2で活動している中、Hey you!で見せてくれたセクシーツムツムとその後健人くんの「5人ならなんでもできると思った。上昇気流に乗った気分だった」的なコメントにぐっと来ており、ふまけんに対しての熱はその場合限りになってしまった。
ある日のふましょりラジオでは「3人の楽屋は静か」という内容が流れており、あんなにセクチャンでは賑やかなのに3人になると静かとか、なんだか悲しくなり、ふまけんがしゃべらないから勝利くんはよっぽど気を付かうだろうなあ、、と勝利くん大丈夫かしらと心から心配した程である。


さすがに1年くらい経つと過去の記事を読んで、風磨くんの「中島を変だと笑うやつがいると悔しい」発言なども知っており、お互い嫌いなわけじゃないっていうのは分かっていた。それぞれのよさも、それぞれのちびーずへの絡みも好きだ。でも!!でも!!!ふまけんは私にぐっとくるものがないままだったのである。


そんな中月日が流れ、、Sexy Zoneは5人体勢へ復活!!「5人でSexy Zone」を見れることが本当に純粋にうれしかった。

そして、ウェルセク発売!その中のふまけんソング、Electric Shockを聴いた瞬間びっくりした!!二人の声に!二人の声の融合に!全然声質が違うのになんでこんなにきれいにハモれるのか!?溶けあっている!!これがふまけん!?!?ふまけんてすごい、、ようやく実感できた瞬間、、しかしウェルセクコンでその期待は裏切られることになる、、笑 なんかもう、そんなに二人で絡みたくありませんか??的なw


でもね、MCでちょっとなんか変化があったかなあって、、健人くん今回はMC聴き役で4人がしゃべってるのをおもしろいな~って見ている役らしい。(その後ツアーを進める毎にしゃべるようにはなっていったが)しかしせっかく5人でコンサートができ、ファンは5人の絡みが見たいに決まっているじゃないか!!頼むよ、健人くん!!涙
まあそのため発言が少なかったんですが、、風磨くんが健人くんにちょっと話振ってきたりするんだよね。「中島どう?」って。その度ファンはきゃーーー!ですよね笑 コンサート中のシャワーでお互い無言になってしまい、シャワーの音でもう出るよって合図してたとか、その流れで昔ハワイで一緒にシャワー入った話とか、ジュニアの頃先にやったパフォーマンスはやらないって暗黙のルールがあったとか、ちょこちょこなんですけどね、、なんかふまけんが出てくる訳ですよ。

春頃からは健人くんも余裕ができたのかな?私の印象では聡ちゃんと映画行ったりと絡んでいたり、またいいお兄ちゃん復活してるなあ~って。最近は風磨くんより健人くんが下の子の面倒を見てる(という名の一緒に遊んで楽しんでいる)イメージですね。


そして、運命の#Honey♡ Butterflyオーラス。世界で一番来ないと思っていた人が見学に来てくれた。だから一番うれしかった。その時!!!!
こんなに動揺している中島健人くんを見たことがなくて、どんなハプニングにもテキパキと対応できる健人くんが、あんなにあわてて、恥ずかしがって、あんなに意地になって「菊池」って呼んでいたのに「風磨」ってきっと本当素直にポロって「風磨」って言っちゃうくらい動揺していて、、私が「ふまけん」に確実に堕ちた瞬間でした。なんだこの甘酸っぱい、好きなのに好きって言えない、素直になれない、恥ずかしさいっぱいの青春ラブストーリーは!!!!!涙涙涙

サマパラ写真ジャニショ発売日、ふまけんを見た瞬間、体調不良の中ジャニショへ走った私。すごいよふまけん。自分で自分のジャニヲタパワーなめんなよって思い知りました。

その後ウェルセク円盤のドキュメントで、マワレミラクルの時風磨くんがカメラ回しているけど、健人くんソロで風磨くんと二人でカメラに写り、まあうれしそうな顔で音外しているんです。あらあら、また動揺してるわよ、この子。好きな子が隣に来てくれてうれしかったのかな~♡
その後の雑誌でも聡ちゃんに風磨くんとシンメについて語ってるし、やっぱりなんやかんや二人はちゃんとお互いを信用し合っているし、好きなんだなあと感じました。それを見る、感じる機会が少なかったけど、見る感じる機会が少し増えてきて、二人の絆っていう物を感じるようになりました。


あれ??ここまで書いてなんですが、アクションは全て風磨くんからなのかな?風磨くんからのアクションがあって、それに健人くんが反応してって感じ?健人くんは風磨くんからのアクション待っていたのかな。ふまけんで一時期喧嘩もしたって噂流れたよね。でもそれはきっとお互いSexy Zoneというグループを思ってだと思う。そして、今、「5人でSexy Zone」に戻った今だからこそ、私が堕ちたふまけんがあるのかもしれない。


今後ふまけんはどうなって行くかな?まだまだ先は長い。二人でご飯なんてこともあるかもしれない。でもまあまだそこまでは、、なので小さな願い、健人くんがまた「風磨」って呼ぶことを願っています。




注:実家でこの文章を書いているので雑誌を確認することができないためきちんと引用できず、実際に本人が言っていた事とは違う事を書いていると思いますが多目に見て下さい。